海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション 海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション。


減速比 5.062

ドリブンギア:DLC加工済

リングギア:WPC 加工済

純正レシオ4.764のファイナルギアを5.062に交換することでギア全体をローギアード化することが可能になります。
トルクピーク値はそのままで、トルクカーブをスムーズに低回転側に移行させ、TOPスピードは多少犠牲になりますが、加速性能を向上させ、各ギアのつながりもよくなります。

VTEC車で、「コーナー進入前にシフトアップしたい」、「3速でVTECをキープしたいが、2速にはシフトダウンしたくない」、「6速ギアまでをすべて使い切りたい」等々,,色々なリクエストがありますが、最適なファイナル選択をすることにより、走行シーンに合わせたセッティングをすることが可能になります。

ドリブンギアをDLCコーティング、リングギアをWPC加工にすることにより、これまでに無かった良好な初期なじみ性と、高い耐久性を持たせることに成功しました。

DLCは、多くの特徴を有していますが、主に金属の摺動性向上を主目的としたコーティングです。
「摺動性向上」とは、滑りを良くして、摩耗を減らすということです。摩擦熱の減少、焼き付き防止による耐久性の向上、レスポンスの向上が期待できます。

フリクションロス低下させるDLCコーティングと、疲労強度と褶動性を向上させるWPC処理の組み合わせで、飛躍的な耐久性の向上とフリクションロスの低減を両立させています。

DLC、WPCの効果により油温が抑えられてファイナルブローが原因のMTブローの危険性を確実に回避することが可能になりました。

サーキットでのスポーツ走行が多い方をはじめ、ハイグリップタイヤを使用する耐久レースやタイムアタックでの使用にお勧めします。


(DLCコーティングとは)

Diamond Like Carbonの略で、金属表面にナノレベルの薄膜をつくることで、従来にない低摩耗係数の表面にすることができる技術です。

DLCはイオンを利用した気相合成法により合成されるダイヤモンドに類似した高硬度・電気絶縁性・赤外線透過性などを持つカーボン薄膜の総称で1970年代に命名されました。

DLC膜の構造は通常水素を若干含有した非晶質(アモルファス)構造でダイヤモンド結合やグラファイト結合などを持つものと言われています。

<DLCの一般的性質>
 ■高硬度で優れた耐摩耗性
 ■無潤滑下で低い摩擦係数
 ■摺動時、相手材を
   磨耗、損傷させない(低相手攻撃性)
 ■化学的に不活性で安定
   焼付き、凝着、溶着を起こさない
 ■腐食性雰囲気中でも侵されない

(WPC加工の効果)
Wide Peening and Cleaning の略で、F1にも使われるほどの特殊加工。

特殊なショットを高速で噴射させ局部的に再結晶温度まで高めることにより、熱処理効果・鍛錬効果の加工強化が瞬時に繰り返され、金属表面層の残留オーステナイトのマルテンサイト化や再結晶、組織の微細化を行います。
これにより金属表面は高硬度で靭性に富んだ組織が形成され、表面高度を著しく上げることが可能になります。
また内部圧縮残留応力も高めることで、疲労強度を上げることができ、ギア欠けを防ぐことが可能になります。
さらに加工のときに着くディンプル(なだらかで非常に微細な凹凸)によって、オイル溜まりを作り、磨耗も最低限に防ぎます。



【適合車両型式】DC5-R

【注記】

(セット内容)
カウンターシャフト×1個
リングギア×1個

プロショップでの精密組込をお勧めいたします。
規定トルクを守り正しく取り付けを行ってください。




【送料区分】1

海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション

海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション

海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション

- スカイネット株式会社様 -

阪急不動産株式会社

海外並行輸入正規品 DC5 DLC+WPC ファイナルギアセット 5.1-トランスミッション

- 阪急不動産株式会社様 -

イベント・セミナー
マーケティングの実行力向上を支援する各種セミナー