登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント 登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント。







ショップレビューを見る

1~2週間以内に発送予定(土日祝除く)

【UncleZ】ペンダントネックレス 金星からの贈り物

<サイズ>
約W30mm×H65mm全長約37cm (ひもの種類は多少変わります)
<素材>銅板・七宝釉薬・ガラス粒子・金液
日本製

***七宝焼ならではの色とつやが美しいネックレス**伝統工芸風の七宝焼とは、ひと味ちがう、モダンであたたかみのある抽象的なデザインの、アンクル・ゼットのネックレスです。ちょっと大きめのペンダント。漆のように艶やかな黒い土台の上に置かれた、大きめのガラスが宝石のように映えます。まわりを彩る金色で、ゴージャス感もさらに増します。ちょっとしたお出かけに、プレゼントに。銅板を手で切り出し、叩いて形をつけ、釉薬をのせて炉入れして焼く、すべての工程を、ベテランスタッフによる手作業でていねいに作り上げました。そのため、カタチも色も表情も、それぞれ微妙に変わります。ひとつとして同じ物がないのが魅力の、七宝焼のネックレスです。

七宝焼(しっぽうやき)とは金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。
金、銀、銅、鉄などの金属製の下地の上に釉薬(ゆうやく:クリスタル、鉱物質の微粉末を水とフノリでペースト状にしたもの)を乗せたものを摂氏800度前後の高温で焼成することによって、融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施すもの。日本国内では、鉄に釉薬を施したものを、主に琺瑯(ほうろう)と呼ぶ。中国では琺瑯(ほうろう/読み:ファーラン)という。英語では、enamel(エナメル)という。
七宝焼きの名称の由来には、宝石を材料にして作られるためという説と、桃山時代前後に法華経の七宝ほどに美しい焼き物であるとしてつけられたという説がある。
中近東で技法が生まれ、シルクロードを通って、中国に伝わり、さらに日本にも伝わった。日本においては明治時代の一時期に爆発的に技術が発展し欧米に盛んに輸出された。(Wikipediaより)


その他の七宝焼アクセサリー↑

登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント

登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント

登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント

- スカイネット株式会社様 -

阪急不動産株式会社

登場! 七宝焼き 金星からの贈り物(緑) ペンダントネックレス -ネックレス・ペンダント

- 阪急不動産株式会社様 -

イベント・セミナー
マーケティングの実行力向上を支援する各種セミナー